06 アウディーTT アイドリング不調修理

アウディーTTがアイドリング不調、エンジンチェック点灯 噴け悪いという症状で入庫しました、早速テスターを使って診断したところ、下記のフォルトコードが出ました。

 

2次空気を吸っていると思われるので、PCVバルブにパーツクリーナーを吹きかけアイドリングが変わるのを確認し対策品と交換しました。

写真はありませんがPCVバルブの頭を分解したら中のダイアフラムに亀裂が入っておりました、

上の写真が、対策品で下の写真が壊れたPCVがバルブです、外観が少し変わっています。

交換方法はねじを4本外し、パイプを2本外すだけです。

(オイルが若干垂れるので下にタオルを引いておくと汚れません)

テスターで異常なしを確認し、ロードテストをして噴けを確認して終了しました。


This entry was posted in 整備. Bookmark the permalink.