BMW MINI クーパーS サーモスタット交換

エンジンの始動性が悪く、電動ファンの回りが異常に長く、始動後も吹けない、

との症状で入庫しました。

センサーが壊れるとエンジンチェックが点灯ますが、今回は点灯していません?

診断機で水温を計ることにしました。

16℃~20℃が正常な温度ですが、-5℃、88℃と異常な数値が出ていたのですぐにわかりました。

 

写真のように対策部品が出ています。

センサーの数が1本から2本に変更されています。

 

パイプ、ハーネス類を外し交換します。

組付け後、圧を掛けて水漏れのチェックと水温センサーの動作確認をして終了しました。

ちなみに、水温は20℃を指しており正常になりました。

 


This entry was posted in 整備. Bookmark the permalink.